/

この記事は会員限定です

1万人の第九 将棋棋士 谷川浩司

[有料会員限定]

クラシックは語れるほど詳しくはないが、若い頃から、棋譜を並べるときのBGMとしてよく聞いていた。お気に入りは、マーラーの5番や、ドヴォルザークの新世界より、だった。

大阪の冬の風物詩として定着した、1万人の第九にも誘いがあり、若い頃何度か合唱に参加した。

私のような素人がと最初は躊躇(ちゅうちょ)したが、個人レッスンを受けられることと、将棋ファンとして以前から面識のあった、山本直純先生が指揮をされ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン