/

松山市、21年1月の成人式中止 夏の代替開催を検討

松山市の各地区成人式実行委員会は、2021年1月10日に予定していた成人式の中止を決めた。新型コロナウイルスの感染が全国で拡大していることを踏まえて「参加者や関係者、運営スタッフらの健康と安全を最優先に考えた」としている。代替として21年夏ごろに、新成人を祝う式の開催などを検討する。

2021年1月に予定していた成人式を中止する(松山市役所)

松山市によると、成人式の中止は記録が残る1965年以降で初めて。約5000人を対象に、市内29会場で分散開催する予定だった。市は今後、中止の案内を郵送する。

松山市の野志克仁市長は「(会場や人員の確保など)感染拡大防止の難しさはよく分かる。市もできるだけ協力するので、可能であれば夏に、代替の式が実施できれば」とコメントしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン