/

維新、閉会中審査を要求 自公国対委員長と会談

自民、公明両党と日本維新の会の国会対策委員長は2日、国会内で会談した。維新は新型コロナウイルス感染症に対応するため閉会中審査の実施を求めた。自民党の森山裕国対委員長は前向きな考えを示した。

立憲民主党や共産党など他の野党は会期の延長を求めている。維新の遠藤敬国対委員長は会談で「議員らが国会や周辺を行き来する状況は回避すべきだ」と会期延長に否定的な考えを伝えた。コロナ対策を集中して議論する特別委員会の新設も提案した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン