/

この記事は会員限定です

行政手続きオンライン化 首都圏、住民獲得へ先進性PR

首都圏自治体、デジタル化に挑む(下)

[有料会員限定]

仕事を半日休んで役所に行き、1~2時間待って手続きを済ませる――。引っ越しシーズンなどでおなじみのこうした光景がようやく変わるかもしれない。首都圏の自治体が相次いで住民手続きのオンライン化に乗り出した。

東京都港区は2022年度末までに原則、住民や事業者による手続きをオンラインでもできるようにする。21年3月には納税証明書などの交付申請をスマートフォンから受け付ける。クレジットカード払いなどで手数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン