/

エネルギー自給自足型住宅を展示 セキスイハイム中四国

セキスイハイム中四国(岡山市)は岡山市内でエネルギー自給自足型住宅の展示を始めた。太陽光発電や蓄電池装置、電気自動車(EV)との電気の授受が可能なシステムをすべて装備する。全国でも珍しい次世代型住宅の展示を通じ、地球環境対策や災害対応への積極的な取り組みをアピールする。

セキスイハイム中四国が岡山市内で展示を始めたエネルギー自給自足型住宅

展示住宅は同市中区の住宅展示場「プレステージ城東」の1区画。地上2階建ての軽量鉄骨住宅(延べ床面積187.91平方メートル)に各装置を装備した。8.89キロワットの発電能力をもつ太陽光発電システム、蓄電池装置は12キロワット時の電力量を備え、EVも40~60キロワット時程度の電力備蓄が可能。災害などでの停電時には自動的に最適な電力源に切り替えができるという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン