/

この記事は会員限定です

日常生活の中の治水

十字路

[有料会員限定]

気候変動によって水災害が頻発するとともに激しくなっており「治水」の重要性が高まるばかりだ。国土交通省の検討会では、平均気温が2度上がれば洪水の発生頻度は2倍になるとの試算も示されている。

こうした中で国は河川管理者だけでなく、地方自治体や企業、住民など幅広い関係者が治水に取り組む「流域治水」への転換を打ち出した。政府でも防災、減災のための国土強靭(きょうじん)化に関わる予算確保を検討している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン