/

この記事は会員限定です

減損7430億円、8年ぶり規模 上場企業4~9月

コロナの打撃深く V字回復狙いも

[有料会員限定]

上場企業が2020年4~9月期決算で計上した減損損失は7430億円と、上半期では長引く円高が重荷となった2012年4~9月期以来8年ぶりの高水準となった。減損処理は通常は期末が多い。今年は弾力的な運用も認められていたが、新型コロナウイルスの感染長期化は不可避とみて前倒しの減損に踏み切る企業が多かった。好業績でも不採算部門にメスを入れて、収益のV字回復を狙う企業も目立つ。

減損は生産設備や土地、のれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン