/

この記事は会員限定です

気候変動リスク、銀行に分析促す 金融庁・日銀

[有料会員限定]

金融機関に気候変動リスクへの対応を促す政策が国内でも始まる。金融庁は3メガバンクに今後30年を見据えた財務分析と対策を求め、日銀も金融機関の経営への影響を点検する。こうした政策は欧州が先行し、投融資の判断でも重要な役割を果たす。急増する自然災害への備えが金融機関の経営の健全性を左右する要素に浮上してきた。

国連防災機関(UNDRR)によると、気候変動による経済損失は2017年までの20年間で2兆250...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン