/

この記事は会員限定です

クリスマス・キャロル 和解と救済の物語

物語の中のクリスマス(1) ドイツ文学者・松永美穂

[有料会員限定]

クリスマスをテーマにした小説は数多い。今年も街や人が慌ただしさを増し、多くの人が待ちわびる聖夜がやってくる。この時期に読みたい文学作品をドイツ文学者の松永美穂氏が解説する。

もうすぐクリスマス。今年の教会歴では、11月29日が第一アドベント、すなわちクリスマスを待ち望む待降節の始まる日である。クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う祭日として知られているが、歴史上に存在したナザレのイエスの誕生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン