/

NATO報告書「中国の脅威に対応を」 ロシアに加え

ブリュッセルにあるNATO本部=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】北大西洋条約機構(NATO)は1日、今後10年のNATOが対応すべき課題を示した報告書を公表した。報告書は従来から対峙するロシアに加え、台頭する中国など幅広い脅威に対応できる体制を整えるよう促した。亀裂が目立つNATO内の関係を修復するよう求めた。

「NATO2030」と題した報告書は独立した専門家グループがまとめ、ストルテンベルグ事務総長に提出した。この報告書をもとに加盟国で議論を進め、21年に予定する首脳会議で改革の方向性を定める方針だ。

NATOは旧ソ連率いる東側陣営に対抗するため1949年につくられた軍事同盟。報告書は1つの大きな脅威に直面していた冷戦時とは異なり、足元では多くの脅威に向き合っていると説明。具体的にロシア・中国の「体制上のライバル」のほか、テロのリスク、激変する技術、自然災害などを挙げた。

とりわけ中国については「経済的、軍事的な力に支えられ、グローバルな戦略を発展させている」と警戒感を表明した。NATOは「中国の重要性が増す世界で政治戦略を発展させる必要性がある」と主張し、安保に関連するすべての課題に対応するために諮問機関を設立するよう求めた。

報告書は1日からテレビ会議方式で始まった外相会合に合わせて公表された。同日記者会見したストルテンベルグ氏は「我々の目標はNATOを強い軍事同盟として維持し、さらに政治的な結びつきを強めることだ」と力説した。外相会合は2日までの予定。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン