/

米サイバーマンデー売上高 過去最高の1.1兆円

アマゾン・ドット・コムはサイバーマンデーに合わせ、タブレット端末や人工知能(AI)スピーカーなどを大幅に値引きした

【ニューヨーク=白岩ひおな】米国のインターネット通販が大規模セールを実施した11月30日の「サイバーマンデー」で、売上高が前年比15%増の108億ドル(約1兆1300億円)に上った。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、米国の1日あたりの通販の売上高として過去最高を記録した。

米アドビが、通販を手がける上位100社の米小売企業のうち80社のウェブサイトの分析結果をもとにまとめた。最大で127億ドルと見積もっていた同社の当初予測は下回った。小売り各社が10月以降にセールを前倒しで実施したほか、在宅勤務などで日常的に通販の利用が増えたことで、サイバーマンデーの特殊性が薄れたとみられる。

サイバーマンデーのオンライン注文がピークを迎えた午後7時~11時の売り上げは27億ドルで、全体の25%を占めた。売り上げの37%はスマートフォンからの購入だった。通販で注文した商品を店頭で受け取るピックアップサービスの利用も人気で、前年から30%増えた。

新型コロナ下で迎えた今年の年末商戦は通販の好調ぶりが目立つ。11月26日の感謝祭のオンライン支出は前年比22%増の51億ドル、27日のブラックフライデーでの支出は22%増の90億ドルといずれも前年から2割増えた。一方、アドビは11~12月の年末商戦全体のオンライン販売予測を前年比30%増の1840億ドルに引き下げた。従来は1890億ドルと見込んでいた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン