/

阪神高速のあおり運転、20代男性を不起訴 大阪地検

大阪地検は30日、大阪市の阪神高速道路で前方を走っていた車との車間距離を詰めたとして道路交通法違反(あおり運転)容疑で大阪府警に書類送検された男性(24)を嫌疑不十分で不起訴処分とした。

男性は今年7月15日、阪神高速道で互いにあおり運転を繰り返したとして、前方の車を運転していた男(38)とともに10月12日に書類送検されていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン