/

この記事は会員限定です

三菱自池谷CFO「純現金収支の黒字、100億円強を確保」

下期の財務戦略を聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策と構造改革のためメガ銀などから3000億円規模の融資を受けた三菱自動車。借入金の返済と構造改革を進めるにはキャッシュの創出が不可欠だ。三菱自は純現金収支(フリーキャッシュフロー、FCF)を特に重視し改善を急ぐ。下期業績の見通しなどについて池谷光司最高財務責任者(CFO)に聞いた。

――2021年3月期は3600億円と大幅な最終赤字の見通しです。回復への手立てをどう打ちますか。

「FCFは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン