/

この記事は会員限定です

核のごみ「風評被害」のリアル、疑心暗鬼の北海道

[有料会員限定]

北海道寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村で高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場誘致につながる「文献調査」が始まって2週間。誘致反対論の譲れない根拠は、水産・農産物の風評被害による値崩れだ。誘致表面化から3カ月がたった現地で風評被害の現実を追った。

古宇郡(ふるうぐん)漁協(泊村)の幹部は「魚が値下がりする気配? ないね」と平然としていた。実際、2町村が立地する後志(しりべし)地域の農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1821文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン