/

この記事は会員限定です

米駐日大使、振り出しに バイデン氏、新たに人選

近年は大統領と「近い」人材

[有料会員限定]

米大統領選でバイデン前副大統領の当選が確実となり、トランプ政権がワインスタイン氏を指名した駐日大使人事は着任のないまま振り出しに戻る。近年の大使は大統領に近い人物の起用が多い。有事が生じた際に直接連絡できる体制を敷く。

バイデン政権は2021年1月20日の大統領就任式を経て正式に発足する。すでに外交・安全保障の主要人事は固まった。国務長官にはオバマ政権で国務副長官を務めたブリンケン氏が就く。

日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン