/

この記事は会員限定です

和田精密歯研、デジタルで義歯成形 精度と効率両立

ココが光る

[有料会員限定]

入れ歯や差し歯といった義歯の製造で国内最大手が和田精密歯研(大阪市)だ。約900人もの歯科技工士を擁し、その職人技が一人ひとりの患者に合った歯を生み出す。精度と効率を高めるため、技工士のデジタル武装にも挑んでいる。

「スパチュラ(へら)にかえてマウスを持とう」。和田主実社長は約10年前から、社内の技工士に呼びかけている。その意味は工場のなかを見れば分かる。

ずらりと並んだ作業机。技工士がへらでワッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン