/

この記事は会員限定です

G1専念、8勝の壁破る アーモンドアイ引退

[有料会員限定]

競馬界の女王アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が、11月29日のジャパンカップ(東京・G1)優勝を花道にターフを去る。引退式は19日、中山競馬場で行われる。躍動感あふれる走りと親しみやすいイメージでファンに愛された。

国内外G19勝の中でも、G1初制覇となった2018年4月の桜花賞(阪神)が鮮烈だった。17頭中16番手から、直線だけで前の15頭をのみ込んだ。他馬を抜き去りながら、自身も軸脚(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン