/

この記事は会員限定です

脱炭素、鉱山機械の需要は? コマツ社長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

世界で温暖化ガス排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を目指す動きが広がる。日本政府も2050年までに実現するとの目標を掲げた。化石燃料への風当たりが強まれば石炭需要が先細りとなり、採掘も減る可能性がある。資源安の逆風も吹くなか、鉱山機械の需要は続くのか。国内最大手コマツの小川啓之社長に聞いた。

石炭向け減少、鉄・銅で勝負

――脱炭素の流れのなかで石炭需要は続きますか。

「石炭は化石燃料のなかでも二酸化炭素(CO2)の排出量...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン