/

この記事は会員限定です

「会計外交」舞台はESG 日本、代表送り込めるか

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

環境問題を重視するバイデン氏が米大統領に正式に就任すれば、世界の資本市場でESG(環境・社会・企業統治)投資が加速するとみられる。「ESGマネー」の流れを左右する会計・情報開示のルールづくりも、外交さながらの駆け引きが激しくなってきた。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「新政権はESGに深く関与していただけると楽観しています」――。バイデン氏の米大統領選での当選確実を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン