/

この記事は会員限定です

連騰株にファンドの影 低変動率着目、じり高支える

証券部 和田大蔵

[有料会員限定]

株式は大きく値上がりすればいったん利益確定売りに押されて下がるのが相場の常だ。だが最近、10営業日続けて上がるような「連騰銘柄」が目立っている。背後にいるのはシンガポールなどに拠点を設けるヘッジファンド勢。一定の運用戦略に基づいて買っているようだ。日本株のじり高基調を支えるが、すぐに売りに転じる可能性はないのだろうか。

12月1日の東京株式市場では、シリコンウエハー大手のSUMCOが前日比7%高で引け、13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン