/

この記事は会員限定です

安保活用へ先進技術発掘 防衛省が専門職設置

(更新) [有料会員限定]

防衛省は民間企業や研究機関が持つ先進技術を発掘し、安全保障に活用するための専門職を設ける。2021年度に技術調査を取り仕切るポストを新設し、非常勤職員の研究員も民間から招く。世界的に活用が進む人工知能(AI)や電磁波などの新技術を防衛装備品の開発に迅速に生かせる体制をつくる。

2日の自民党国防部会で取り組みを説明する。21年度に防衛装備庁の技術戦略部に「技術政策総括官」と「研究連携促進官」、非常勤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン