/

中国外相の尖閣諸島巡る発言に抗議 自民部会

自民党の外交部会などの合同会議は1日、沖縄県尖閣諸島を巡る中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相の発言に抗議する決議を茂木敏充外相に提出した。王氏が尖閣諸島の領有権を主張し、日本漁船が周辺海域に入っていると指摘したのは「断固として受け入れられない」と訴えた。

中国公船の日本漁船への接近について「決して認められず、正当化するような発言を断じて許すわけにはいかない」とも明記した。政府には中国側に強く反論するよう要請した。

王氏は来日中の24日、日中外相会談後の共同記者発表で「日本の漁船が絶えず釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の敏感な水域に入っている」と話した。日本側が「事態を複雑にする行動」を避けるべきだとも述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン