/

新潟・十日町で温泉地熱発電開始 東京の中学校で活用

新潟県十日町市は1日、松之山温泉を活用した地熱バイナリー発電所の稼働を9日から予定していると発表した。年間124万キロワット時を発電し、うち70万キロワット時は東京・世田谷の中学校や区民80世帯程度へ2021年度から供給する。

9日から稼働する予定だ(新潟県十日町市)

同市は11月に世田谷区と自然エネルギー活用を通じた連携協定を結んでいる。12月から稼働する発電所の電力は、発電事業者の「松之山温泉合同会社 地・EARTH(ジアス)」が東北電力に売電したあと、小売電気事業者のみんな電力(東京・世田谷)が買い取って販売する。電力供給を通じて発電所の見学ツアーや物産品の販売などの交流も狙う。

十日町市は25年度までに年間9000万キロワット時(約2万世帯分)の電力を再生可能エネルギーで創出を目標としている。ジアスの発電事業を含めれば市内の再エネ発電は900万キロワット時ほど。同市の関口芳史市長は「最初の成果とも言えるが、まだ一歩目。他の計画も進めていく」とした。

売電での年間の売上高は約5000万円を見込む。利益はジアスの設立主体でもある松之山温泉合同会社まんま(十日町市)などが地域活性化の財源の一部として活用する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン