/

この記事は会員限定です

三陸花火競技大会実行委「中止考えず感染対策追求」

コロナ危機 トップらに聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が三たび拡大に転じ始めた10月末、東日本大震災被災地の岩手県陸前高田市で花火大会が開かれた。観客1万人以上が集まったが、徹底した感染防止策で患者の発生を防いだ。主催した三陸花火競技大会実行委員会の浅間勝洋実行委員長は「中止を考えずに対策を追求したことで、ドローンによる新たなライブ配信も提案できた」と話す。

――三陸花火大会では、1万発以上が被災地の夜空を彩りました。

「昨年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年へ

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン