/

ディップの21年2月期、税引き益最大85%減に下方修正

求人広告サイト運営のディップは1日、2021年2月期の単独税引き利益が15億~32億円(前期比85~68%減)の間になる見通しだと発表した。50億円から67億円の間としていた従来予想から35億円下振れする。投資有価証券の評価損を計上する。

9月1日時点で約35億円の含み損を抱えたと発表していたが、時価が帳簿価額に比べて著しく下落したため、2020年3~11月期に特別損失として50億円を計上する。税負担の軽減により下方修正幅は35億円にとどまる。

売上高と営業利益の通期業績予想は据え置いた。それぞれ329億~366億円(前期比29~21%減)、71億~95億円(同51~34%減)を見込む。56円以上とする年間配当予想は据え置いた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン