/

この記事は会員限定です

3万人超に起業機会 アイシン、車事業の危機感が後押し

(中部発、スタートアップ点火)

[有料会員限定]

中部のスタートアップ熱が大企業を刺激している。トヨタ自動車グループのアイシン精機愛三工業といった地域の代表的な製造業は新規事業の創出に生かし始めた。共通するのは新型コロナウイルス禍も逆手にとるスピード重視の姿勢。既存の事業領域を打破しなければ生き残れない危機感を映し出す。

「駐車場では屋根も含めて3次元で記憶できれば走行精度がさらにあがると思います」。アイシン精機イノベーションセンターの細井広康主査(48)は、商業施設「カラフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン