/

この記事は会員限定です

魅力ある「ごった煮」の街づくり

点照

[有料会員限定]

横浜市の関内地区は横浜港開港(1859年)によって誕生した。外国人居留地などがある港周辺に関門が設けられ、その内側が「関内」。これに対し、伊勢佐木町や野毛を「関外」と呼ぶ。もっともパソコンで「かんがい」と入力しても変換されない。関外駅もない。内と外の知名度には大きな開きがある。

関内が今に至るまで美しい港町の「へそ」であることに変わりはない。地元企業や大企業の支店が軒を連ね、ビジネスマンが忙しく行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン