/

マルサンアイ、富山で業務用豆乳生産 最大年1万キロリットル

マルサンアイ傘下、匠美の豆乳工場の内部

豆乳・みそ大手のマルサンアイは1日、傘下でミネラルウオーターを製造する匠美(富山県立山町)の工場で業務用豆乳の生産を始めた。約10億円を投じて豆乳用設備を新設した。最大年1万キロリットル製造できる。

同社の人気商品となっているヨーグルトに近い「豆乳グルト」の原料をつくるほか、原料として豆乳を使いたい食品メーカー向けに大容量サイズで豆乳を販売する。これまではマルサンアイの本社工場(愛知県岡崎市)でつくっていたが、家庭用豆乳の需要も増えていたことから増産に踏み切る。

マルサンアイは2019年にも鳥取県の豆乳工場で生産ラインを増設し、生産能力を会社全体で2割引き上げたばかり。日本豆乳協会によると、19年の国内豆乳生産量は41万キロリットルで11年連続で増加した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン