/

想田和弘監督作が最高賞 仏ナント三大陸映画祭

フランス西部のナントで開催された第42回ナント三大陸映画祭で、想田和弘監督のドキュメンタリー映画「精神0」が最高賞「金の気球賞」を受賞した。日本の配給会社が1日、発表した。

同映画祭はアジアとアフリカ、ラテンアメリカの作品が対象。新型コロナウイルス禍を受け、今年はオンラインで開催された。日本映画では過去に是枝裕和監督の「ワンダフルライフ」、富田克也監督の「サウダーヂ」、深田晃司監督の「ほとりの朔子」が、最高賞を受賞している。

「精神0」は岡山市の精神科診療所に密着したドキュメンタリー「精神」の続編。引退を決めた精神科医の山本昌知さんとその妻の姿を追った。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン