/

この記事は会員限定です

政投銀、環境目標達成で金利優遇 三菱ケミカル向け

[有料会員限定]

日本政策投資銀行はESG(環境・社会・企業統治)を重視する企業に対し、資金使途を限らずに金利を優遇する融資制度を新設した。「サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)」と呼ぶ手法で、第1弾として三菱ケミカルホールディングス向けに300億円を貸し出した。ESGに積極的な企業の資金調達を支える。

融資期間である10年のうちに、廃プラスチックの再利用に関わる定量目標を達成すると金利を当初から引き下げる。三菱ケミカルは廃プラを分解し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン