/

医療機関への支援金、支給済みは2割 都道府県で滞留

田村憲久厚生労働相は1日、新型コロナウイルス感染症の対策費として都道府県を通じて医療機関などに配る交付金約2兆7千億円のうち、実際に届いたお金が6千億円と2割程度にとどまっていることを明らかにした。都道府県の手続きや医療機関の申請が進んでいないためとみられる。

交付金は2020年度第2次補正予算の予備費などで用意し、すでに2兆3千億円が都道府県に渡っている。厚労相は閣議後の記者会見で「どういう状況か再度確認したい」として速やかな交付を都道府県に求める考えを示した。

厚労省によると8月時点で都道府県は遅くとも10月中には交付を開始するとしていた。ところが交付金のうち病院や診療所での消毒などの経費に充てる補助金は11月16日時点で福井県と長野県で交付がゼロだった。

長野県によると、医療機関からの申請書のチェックなどの業務を外部業者に委託する手続きに時間を要した。年内には交付を開始する見通しだ。

交付金は新型コロナ患者を入院治療する病院が受け入れに備えてベッドを空床のまま確保する場合の支援金や、コロナ患者を治療する設備費の補助など、医療体制を確保する目的で使う。規模の小さな診療所は事務員がおらず、申請手続きが後回しになっているとの指摘もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン