/

朝日新聞社長、来年4月退任 コロナ禍で赤字転落

朝日新聞社は、渡辺雅隆社長(61)が2021年4月1日付で退任する意向だと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で20年9月中間連結決算が赤字に転落した責任を取り、新たな中期経営計画が始まるタイミングで退く。後任には中村史郎副社長(57)が就任する。

同社の20年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比22.5%減の1390億9千万円、営業損益が92億9100万円の赤字。将来の利益を前提に税金の前払い分を資産として計上する「繰り延べ税金資産」を取り崩したため、純損益は419億800万円の赤字になり、中間決算として9年ぶりの赤字に転落した。

渡辺社長は「構造改革のスピードが鈍かったことが赤字の背景にあることは否めず、責任は社長の私にある」と自らの責任に言及した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン