/

ビズリーチ、津田塾大にOG訪問サービス 業務を簡素化

人材関連サービスを運営するビズリーチ(東京・渋谷)は津田塾大学と組み、就職活動生が卒業生にOG訪問できるサービスを導入した。同大の学生はスマートフォンの専用アプリを通じて社会で活躍するOGを検索し、オンライン上でOGと話すことができる。大学側にとってはOGの名簿をデジタルで保存できるなど業務が簡素化できるメリットがあるという。

同社は大学別に学生とOB・OGをマッチングするサービス「ビズリーチ・キャンパス」を展開している。これまでは大学側の意向に関係なく運営されてきた。近年、OB・OG訪問は実際に社会に出て活躍する社会人の話を直接聞くことができ、キャリアを考える上で大学側も重要視している。今回は津田塾大が同サービスを公認する形で大学別の専用サービスを提供する。

同大は就職ガイダンスなどで学生にアプリの利用を促す。学生はアプリに掲載されているOGの名簿情報から、好みの人物を選んでOG訪問を申し込む。OGとはオンライン上で会話できる。大学側は学内説明会などのイベントなどの情報もアプリを通じて配信できる。

従来は直接、学内にある学生生活課を訪問した学生に対し、本人確認をした上で所属先企業や連絡先を記載した紙のOG名簿を閲覧できるようにしていた。新型コロナウイルスの感染拡大で大半の授業がオンラインに移行し、学生が大学に自由に入構できない状態が続いている。アプリを通じて就活に関するサービスを提供しやすくなる。

OGには大学側が定期的に送る郵便物を通じて同サービスの登録を促す。大学にとってはOGが異動や転職の際に、アプリで情報を更新してもらうことで、修正の手間がなくなるメリットもある。ビズリーチは大学の就職支援に関する事務業務を効率化できるとして、複数の大学への公認を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン