/

ジャカルタ州知事、コロナ感染を発表 次期大統領候補

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアの首都ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事は1日、声明を発表し、自身が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。症状はなく、自主隔離に入った。アニス氏は2024年の次期大統領選への立候補が取り沙汰されている。

ビデオ声明で自身の新型コロナウイルス感染を発表するジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事(1日、ジャカルタ)=ロイター

ジャカルタ特別州では連日、新規で千人以上の陽性者を出し、副知事ら州政府の中枢にも感染が広がっていた。アニス氏は声明で11月30日のPCR検査で陽性反応が出たと表明した。自宅で執務を続け「州政府の意思決定や統治に問題は生じない」とも強調した。

アニス氏は最近、17年の同州知事選で自身を支援したイスラム強硬派団体「イスラム防衛戦線(FPI)」の指導者、ハビブ・リジク・シハブ氏と面会し批判を受けている。シハブ氏が国外からの帰国直後で、コロナ対策として自主隔離が必要だったにもかかわらず、規則に違反する形で会ったためだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン