/

脱炭素へ「国民会議」設置 政府、今月中旬にも

小泉進次郎環境相は1日の記者会見で、脱炭素社会の実現に向けて有識者らで構成する「国民会議」の設置を調整中だと明らかにした。12月中旬にも菅義偉首相や梶山弘志経済産業相、小泉氏が出席して初回会合を開く見通しだ。

2050年までに温暖化ガスの排出を実質ゼロにする政府目標の達成へ必要な取り組みを検討する。専門家や若者の代表者から意見を聞き取り、生活習慣の見直しなどを呼びかける。

小泉氏は「ライフスタイルを変えるために気候変動の課題を世の中で共有するのが重要だ」と設置の意義を強調した。

人選については「専門家にとどまらない若い人、特にインフルエンサーに入ってもらうのはカーボンニュートラルの理解に不可欠だ」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン