/

米次期財務長官にイエレン氏 バイデン氏が正式発表

(更新)

【ワシントン=河浪武史】米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領(民主)は30日、次期財務長官にジャネット・イエレン米連邦準備理事会(FRB)前議長(74)を指名すると発表した。同ポストは新型コロナウイルス対策や税財政改革、銀行改革といった重責を担うため、中央銀行トップを経験した大物経済人を登用する。

同人事は連邦議会上院の承認が必要になるが、財務長官としては初の女性の起用となる。イエレン氏は2014年から4年間、FRB議長を務め、国内外の金融界だけでなく、ワシントンの政界でも豊富な経験を持つ。

ホワイトハウスのチーフエコノミストとなる米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長には、米プリンストン大の労働経済学者であるセシリア・ラウズ氏を充てる。歳出入の基本計画を策定する米行政管理予算局(OMB)局長には、左派系シンクタンク「アメリカ進歩センター」のニーラ・タンデン所長を起用する。ラウズ氏、タンデン氏とも女性で、バイデン体制の主要経済チームは女性が主導する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン