/

この記事は会員限定です

所得保障は最適解か 支えるのは新たな学び

コロナと資本主義 再生への道(4)

[有料会員限定]

「働いても働いても貧困から抜け出せない人々が新型コロナの影響を受けている。我々は彼らのために団結する」。6月末、ロサンゼルスなど米11都市の市長らが「所得保障のための市長連合」を結成し、市民に現金を定期給付する実証実験をすると宣言した。

経済弱者に痛手

職業の有無や給与水準に関係なく一律の金額を支給するベーシックインカム(最低所得保障)制度。コロナ危機で若者や非正規雇用など経済的な弱者が深刻な痛手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン