/

首里城の大龍柱、補修完了 火災の記憶継承へ展示

昨年10月の首里城(那覇市)の火災で焼け跡に残った「大龍柱」の補修作業が終わり30日、報道陣に公開された。大龍柱は竜をかたどった一対の柱。首里城公園内のプレハブ小屋で約2年間、寝かせた状態で展示する。正殿復元の際に新たにつくる大龍柱の見本とした後、火災の記憶を伝える史料として再び展示する方針。

補修作業が完了した首里城の大龍柱(30日、那覇市)=共同

内閣府沖縄総合事務局によると、熱によるひびに樹脂を注入して接着し、剥がれそうな部分はステンレス棒を挿入して固定した。亀裂が貫通して3つに分かれていた胴体をつなぎ合わせ、表面を強化する薬剤を塗った。

大龍柱はそれぞれ高さ約3.1メートル、重さ約1トン。沖縄・与那国島の細粒砂岩を彫刻し、とぐろを巻いて鎌首をもたげた竜が正殿正面で向かい合っていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン