/

この記事は会員限定です

ANA・JAL中距離LCCに活路 コロナ下需要見えず

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)、日本航空(JAL)の国内航空大手2社が経営立て直しへ、国際線で中距離の格安航空会社(LCC)の事業化を急ぐ。ANAHDは中型機を従来より多い300席規模に改装。運航コストを引き下げる。ただ長い飛行時間では、快適さなど価格以外の要素も重要になる。既存便との競合もありどこまで集客できるかは未知数だ。

両社ともこれまで中距離のLCCは手掛けてこなかった。ANAHDが2022年度の就航開始を目指す新たな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1306文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン