/

全銀協、電子決済との口座連携でガイドライン

全国銀行協会は30日、スマートフォンなどを使った電子決済サービスと銀行口座を連携させる際のガイドラインをつくったと発表した。今秋にNTTドコモの「ドコモ口座」などで相次いで発覚した不正引き出しへの対応。加盟行に対してセキュリティー対策や被害者への補償についての注意点をまとめた。

決済事業者のセキュリティー体制や本人確認の手法を銀行側が審査することを必要とした。利用者が銀行口座を決済サービスにひも付ける際には、ワンタイムパスワードの発行など複数の認証手段を組み合わせる手続きを求めた。一連の不正では、決済サービスでのアカウント作成や口座ひも付けの際の本人確認が不十分だった点が犯人に突かれた。

不正を検知したり、被害を補償したりする方法についても、銀行と決済事業者があらかじめ取り決めることを必要とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン