/

保護者に代わり病児送迎 埼玉・戸田市、12月に開始

埼玉県戸田市は1日、保育所や幼稚園で体調不良になった子どもを看護師が預かり、タクシーで病院や病児保育室に送り届ける事業を始める。仕事中で迎えに行けない保護者をサポートし、子育てを後押しする。

埼玉県のモデル事業として2023年3月まで実施する。子どもが体調不良になった保護者の電話依頼に対し、戸田中央総合病院が看護師や保育士を施設に派遣する。病院で診察した後、院内の病児保育室で子どもを一時的に預かる。

利用には病児保育室への事前登録が必要。タクシー代など交通費は公費で支出し、保護者は保育室の利用料金(1日2100円)を負担する。県内では熊谷市も同様のシステムを19年に始めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン