/

女川原発2号機、「工事計画」補正書提出に遅れ

女川原子力発電所2号機の安全対策工事の完了時期は22年度内で変更はない(宮城県女川町、石巻市)

東北電力は30日、原子力規制委員会に女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)2号機の「工事計画認可申請」の3回目の補正書を提出した。今回が最後の提出としていたが、一部書類が間に合わなかった。これを受け、2021年6月までに終えるとしていた規制委への説明期間が先に延びる可能性がある。

3回目の補正書では原子炉圧力容器などの耐震や強度の計算書を含む約1万7000ページを提出した。当初は3回目の補正書で全ての書類がそろうとしていた。耐震や強度の解析などを依頼していたプラントメーカーの作業が新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、遅れた影響が出た。

22年度中とみる安全対策工事の完了時期の変更はない。今回提出できなかった非常用電源設備などの一部補正書の提出スケジュールは現時点で未定。21年6月までに規制委に説明を終えるとしていた工事計画認可の審査日程については、再度「評価中」(東北電)としており、日程は延びる可能性がある。

工事計画が認可されれば、運用面を審査する「保安規定変更認可」や使用前検査の申請の工程に移ることができる。新規制基準施行後に追加された安全対策設備の工事にも着手できる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン