/

この記事は会員限定です

スマホ乗り換え、シニア800万人照準 SNS利用機に

(更新) [有料会員限定]

ガラケーと呼ばれる旧式の携帯電話を使う中高年を巡り、スマートフォンへの乗り換えを促す携帯各社の競争が激化してきた。イオン系は60歳以上向けの安価なプランを拡充し、楽天モバイルは専用アプリを導入。推計の利用者は大手3社を中心に約800万人にのぼるが、2020年代半ばにはガラケーのサービスは終了する。格安勢は顧客基盤を切り崩す好機とみて攻勢をかける。

イオン傘下の格安スマホ、イオンモバイルは60歳以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン