/

横浜市、IR推進の有識者委 委員長に榊原英資氏

横浜市は30日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の推進に関して各界の有識者で構成する「事業者選定等委員会」の初会合を開いた。7人の委員のうち元大蔵省財務官の榊原英資氏を委員長に選任。公正な立場からIR事業者を公募・選定して林文子市長に提言する。

委員長選出のほか、現状のIR誘致方針を共有した(横浜市内)

市長の付属機関「横浜市特定複合観光施設設置運営事業者選定等委員会」を開いた。委員は同市が7分野から1人ずつ選び、初会合の場で榊原氏(経済分野)を委員長、委員長の職務代理者に東京工業大学の中井検裕教授(都市計画分野)を選んだ。

初会合では市の担当部局が2019年に横浜市が推進を表明したIRの方向性や今後のスケジュールなどについて説明。その後の審議は「事業者公募などにかかわる情報が多分に含まれている」(榊原氏)として、2回目以降を含めて非公開と決めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン