/

マクドナルドの廃プラから水素 昭和電工、川崎で実証

昭和電工は30日、日本マクドナルドと川崎市と連携し、廃プラスチックから化学品を作る「ケミカルリサイクル」の実証事業を始めると発表した。川崎市内のマクドナルド8店舗から排出されたストローなどの廃プラを分解して水素を作り、電動バイクのエネルギー源にする。12月1日から1カ月間の実証で、二酸化炭素(CO2)の削減効果や効率的な回収方法を検証する。

昭和電工の川崎事業所(川崎市)内のプラントにマクドナルドの廃プラを持ち込む。プラントでは廃プラを高温にしてガス化し、水素や二酸化炭素(CO2)に分解してアンモニアなどの原料にしている。

国内では廃プラは半分以上が焼却処理されており、焼却時にCO2を排出する。一方、ケミカルリサイクルは焼却処理よりもエネルギーの利用効率が高く、CO2を素材として有効利用できることから注目が集まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン