/

五洋建設、シンガポールで鉄道施設を受注

五洋建設は30日、シンガポールで大型の鉄道施設工事を受注したと発表した。シンガポールとマレーシアを結ぶ鉄道工事のうち、シンガポール側の駅舎などを建設する。受注額は約714億円。同鉄道は2026年末の開業を予定している。

シンガポール陸上交通庁から受注した。五洋建設が担うのは、シンガポール側で関税や出入国管理、検疫所を含む駅舎の建設工事。地下のアンダーパスも施工する。

五洋建設は1964年にシンガポールに進出して以来、政府発注工事などを多く手掛けてきた。現在もシンガポールで複数の鉄道駅や高速道路を施工している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン