/

松江市にプレハブ療養施設建設へ コロナ対策で島根県

(更新)
<訂正>11月30日17時27分に掲載した「松江市にプレハブ療養施設建設へ コロナ対策で島根県」の記事中、「追加補正予算案を11月議会に提案した」とあったのは「提案する見込み」の誤りでした。該当部分は削除しました。

島根県は30日、新型コロナウイルス感染症の無症状者や軽症者を受け入れる宿泊療養のプレハブ施設を、松江市内にリース方式で建設すると発表した。

整備するのは80室で、開設は2021年7月の予定。現在は民間ホテルや県有施設で計98室を確保している。整備後は民間ホテルの契約は解除するものの、約130室に増える。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン