/

この記事は会員限定です

日産、EV活用し「仮想発電所」 三井物産などと実験

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日産自動車が電気自動車(EV)の普及に向け企業や自治体との連携を加速させている。三井物産三菱地所など5社とは、EVを蓄電池として活用し、電力系統に接続する「仮想発電所」の実証実験を始めた。災害時の電源としての活用を促す自治体などとの連携も100件を超えた。乗り物の枠を超えて、社会インフラの一部としての需要を掘り起こす狙いだ。

日産などが仙台市などで11月16日から開始したのがEVを活用した仮想発電所の実証実験だ。EVの電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン