/

弁当持ち帰りのオフィシス、企業や自治体と連携

オフィス街の弁当持ち帰りアプリ「JOY弁」を手がけるオフィシス(東京・豊島)は、企業向け福利厚生サービスとしてアプリの提供を始める。オフィスに出勤する社員の新型コロナウイルス感染リスクを減らすため、企業の持ち帰り需要が高まっている。

JOY弁は個人向けアプリとして9月から日比谷や西新宿で提供を始めた。アプリ上でお弁当を買いに行く知人を見つけ、その人に自分の分の持ち帰りも依頼する仕組み。アプリで注文すると利用者は料金の10%を配送料として支払い、その分はお弁当を受け取る代表者にポイント還元する。

企業向けプランでは、割引料金でオフィス街の飲食店のお弁当を利用することができる。割引率や企業側のサービス利用料などは相談しながら決めることができる。

また、栃木県佐野市や北九州市との事業連携も決まった。コロナの感染再拡大が懸念されるなか、持ち帰り需要は引き続きニーズが高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン