/

川崎市、廃プラスチック資源循環で実証事業

マクドナルドの店舗の使用済みプラスチックを昭和電工の施設で低炭素水素に再生し、店舗の配達用バイクの電源として使う(川崎市)

川崎市は昭和電工、日本マクドナルドと連携し、使用済みプラスチックから再生した低炭素水素で発電して、電動バイクのエネルギーに利用する実証事業を12月1日から始める。飲食チェーンと提携した廃プラスチックの循環システムの構築は全国でも初めてという。

市内のマクドナルド8店舗で排出されたマドラーや飲み物の蓋など使用済みのプラスチックを臨海部にある昭和電工のリサイクル施設で低炭素水素に再生。低炭素水素で発電した電気を、マクドナルド川崎南加瀬店の配達に利用する電動バイクに充電し電源として使う。

これまで食品残さの付着などから廃プラスチックは焼却、埋め立てられることが多かったが、昭和電工の施設では多少の汚れがあっても対応できるという。今後、市は他の外食チェーンとも同様の取り組みを進めていくとしている。

市は政令指定都市の中で最も多くの温暖化ガスを排出していることから、2050年の二酸化炭素(CO2)の排出ゼロを目指し、市内の事業者と連携して脱炭素社会の実現に向けた取り組みを進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン